「5 Golden Rulesを守っているのに
どうしてこの紅茶美味しくないんでしょう?」
って思ったことありませんか?

「アールグレイはおいしく入れらるのに、
ダージリンやセイロン紅茶は全然香りがしない」

「ミルクティーはおいしいけど、
ストレートティーはただ渋いだけ」
と思っていませんか?

英国式 5 Golden Rules
tastea Rules
1)良質の茶葉を使う。
2)ティーポットを温める。
3)茶葉の分量を計る
    カップ1杯にスプーン1杯。
    そしてポットに1杯。
4)新鮮な沸騰している湯を使う。
5)茶葉を蒸らす間待つ。
    英国式は
      細かい葉なら3分。
      大きい葉は5分が目安。
1)良質な茶葉を選ぶ。
2)温度−沸騰と保温。
    ポットにお湯はいっぱいに入れる。
    カップ数によってポットを替える。
3)最適な茶葉の量。
4)最適な蒸らし時間。
    蒸らし時間は茶葉の仕上げ状態によって変わります。
    砂時計よりもデジタルタイマー
5)カップに注いだらすぐ飲む。

エキストラ・ダージリン、ディンブラから始めましょう!
1)先ずやかんA(沸騰ポット、お鍋でもよい)でティーポットとカップを温めるお湯を沸かします。

2)お湯が沸騰したらティーポットにお湯を注ぎティーコゼーをかぶせて充分温めます

3)同時にやかんBでお茶を入れるお湯を沸かします。
4)ティーポットのお湯を捨て、茶葉を入れます。

5)お湯が沸いたら、ガスレンジの横でティーポットにやかんBのお湯を口元いっぱいまで入れ、すぐにティーコゼーをかぶせる。(先にお湯を入れてからガスの火を消すくらいの気持ちで温度管理をして下さい。)

6)タイマー蒸らし時間をセットする。

Fカップのお湯を捨て、茶漉しを使ってお茶を入れます。いくつかのカップに注ぎ分ける時は、すべての カップに同じ濃さのお茶が入るように、少しずつ注ぎ戻って入れます。濃いお茶のカップと薄いお茶のカップができては不公平ですから。
G好みで牛乳、砂糖を添えて供します。入れ方による違いを感じるためには最初の一口は何も入れずに飲んでみてください。

味覚を鍛えましょう!

1)舌のトレーニングが終わるまでフレーバーティーや紅茶味のお菓子をなるべくとらない。


2)テイスティーのお茶ならエキストラ・ダージリン(ブレンド)ディンブラ(ブレンド)をお勧めします。

 舌のトレーニング用にはどういう紅茶がよいのか選び方を具体的にあげますと

3)同じ紅茶を毎日ためしていれば1ヶ月後には舌が出来上がってくるはずです。
4)そうしたら、いろいろな茶葉を買って試してみましょう。そのうちに自分の好みの味に出会えるはずです。